ところでブラザーのトナーカートリッジだが

世の中にはいろんな事を探求される方がおられる。
購入するためにネットを探しているうちに、トナーの再生方法を見つけた。
トナーカートリッジの左側にギヤがあり、そのカバーを外す。二個のプラスねじで留まっているだけなので直ぐ分かる。中にいくつかのギヤが収まっていてその回転した度合いでトナーの交換時期を検知する仕組みらしい。突起のついた白いギアに柔らかくバネの押さえがついていて、それを軽く浮かせてかみ合いを外し、反時計回りに三十度ほど回してからバネをまた元通りにする。後はカバーをあったようにつけ直してからトナーを軽く振ってセットする。
これで機械的にはリセットされた状態になるので、あとはプリントの仕上がりを見ていよいよとなったら新しいトナーに交換すればいい。これであと半年くらい使えたりするとうれしいけれどそこまでは期待できないよなぁ。
[PR]

by fnobotan | 2012-01-04 17:43 | 日記 | Comments(0)