NASにFTPサーバとWebサーバの設定

マニュアル通りに、というと身もふたもないが、FTPサーバとWebサーバを設定してみました。
もともと共有フォルダに外部からWebアクセスできるようにしてあったのですが、FTPのほうが大きなファイルもよりスピーディーにダウンロードとアップロードができるだろうと思ってやってみました。
ほとんど手間いらずで設定は済みました。実際にDocomo回線でテザリングしてLet's NoteS9からアクセスしてみたのですが、そこそこ速度でやり取りできています。Webアクセスより軽快に動作するのがいいですね。

手順としては、以下の通り。ただし備忘録のようなものなので概要のみです。本当のところ手順書に書いてあったとおりにやっただけです。QNAPのWEBにある説明は本当にわかりやすかったです。

(1)固定IPではないので、いずれかのDDNSサービスに登録して外部からアクセスするためのホストネームを取得する。
私の場合はDynDNSを使いました。30日間のフリートライアルがあり、キャンセルすればお金はかからずに1つのホストネームは利用できそうです。ただし30日間アクセスがないと失効しますから、どうせなら年間$20のサービスフィーを払うかどうか検討しましょう。

(2)QNAPのシステム管理メニューにあるネットワークでFTPの設定をします。データはDynDNSで設定したものをそのまま該当するところにいれます。

(3)ネットワークサービスメニューにあるFTPを選びサービスを有効にする、のチェックボタンをクリック

(4)ルータのNAT設定でポートの転送を設定します。バッファローのWZR-HP-AG300Hだと、ゲーム&アプリのサブメニューにポート変換というサブメニューがあってそこで設定できます。

(5)私の場合、FTPクライアントソフトはFFFTPを使っています。アクセスしようとするユーザーとパスワードそしてDDNSで取得したホスト名を設定します。

これくらいの手順でFTPクライアントからNASにアクセスできるようになりました。ついでにWebサーバも使えるようになっていますので、レンタルサーバに置いてあるのと同じホームページのデータをNASにコピーしただけで件のURLでホームページの開設も完了です。自作でサーバを設置していたときは比較にならないくらい簡単でした。あのときはLinuxの設定でWebminと格闘して三日くらい悩んでいたっけなぁ。
[PR]

by fnobotan | 2012-01-05 14:11 | 自営業 | Comments(0)