UPSが役に立った瞬間

ファイルサーバーを強化した際に無停電電源装置を追加してありました。計画停電のことは記憶の向こうに行きかけていますが、落雷や瞬停など電力が停止する可能性は日常よくあります。
装置はAPC社製の
d0290369_23153027.jpg
です。

NASとUSBハードディスクそれとデスクトップ一式を接続して、もし停電になっても正常にシャットダウンできる位の容量が確保されています。

先週末にこんなことがありました。その日はあまり天気がよくなかったので、夕方に取り込んだ洗濯物を浴室で乾燥機を使って乾かしていました。それと併せて台所で食洗機を使っていたところ突然部屋の明かりが消えました。電気の使いすぎでブレーカーが落ちてしまったのです。次の瞬間にはっとしました。サーバーのことです。

LEDの表示を確認すると普通に稼働していました。手探りでブレーカーを元に戻してから、PCでシステムログを確認すると、停電によって給電がおかしくなりUPSに切り替わった記録が残っていました。当たり前のことなのに、きちんと動くんだなぁと感動しました。NASは停電による強制終了ですぐ壊れるようなものではないのですが、仮にファイルにアクセスしている場合だとリスクは高くなります。

保険としたら最低でも製品保証期間の二年間はこいつが停電の際は安全なシャットダウンを担保してくれるはずです。うまく機能することを図らずも検証してしまったわけですね。よかった、よかった。
[PR]

by fnobotan | 2012-01-17 13:39 | 自営業 | Comments(0)