お尻とサドルの相性はどうか

ラレーに元々ついていたサドルでも、そう悪くなかった。とは言え、ペダリングのしやすさと快適さを模索して、他のサドルを試してみることにした。

FizikのAliantとArioneが候補に挙がってきた。メーカーの指標になっている上体の柔軟性からいくと、私の場合は最も上体が柔らかいスネークに該当した。あくまで参考として、お尻に優しいのはしなやかな座面だろうし、ポジションを動かす自由度やしっかり支える感触を求めるなら、ある程度芯がある堅めの作りになるだろう、位に思った。形で選ぶもんじゃないかも知れないが、たまたま指標が合致していた、Arioneの形がいかにもロードバイクっぽくて気に入った。

手にとって比べる限りでは、サドル表皮がシャリッとして、お尻を動かしやすそうだ。形は、細身で、内腿の邪魔にならずこれまたよい。ただ、指で押してみると、今のサドルより堅く感じた。あれこれ調べてみると、ベースがしなって衝撃を吸収しやすくなっているらしい。まぁ、だいたい同じだろうと考えて、形状の違いでどのような使い勝手の差になるか、を試してみることに決定した。

d0290369_123341.jpg


メジャーと水準器で取付位置のアライメントを測りながら、交換は直ぐに完了。
付け替えてまたがってみた感触は、「やっちまったか?!」だった。思いの外堅くて、普段着の短パンを通して、サドルが板のように思えた。レーパンに履き替えてから、だめだったら元に戻せばいいやと思いつつ、早速、近所を試走してみた。

不安をよそに、これがよかった。ちゃんと乗車してこぎ出したら、内股の辺りがすっきりして、余裕がある。表皮は滑りすぎることはなく、でもお尻の位置決めで動かしやすい。この微妙なタッチがよい。形状が細身だからだろう、お尻周りに感じるサドルの存在が薄れている。その一方で、レーパンのパッドがあるのがよく分かる。少なくとも最初のと比べて、同等かそれ以上に痛くないのだ。これでいつも通りのコースに出て感触が同じだったら、アタリを引いたことになる。悪くないねぇ。

Fizik Arione R3
[PR]

by fnobotan | 2013-07-25 12:44 | 自転車 | Comments(0)