人気ブログランキング |

マナスル96が稀少だそうで、ソロツーリング向けに

探して見つからないと物欲が高じてしまう。このところ灯油を燃料にする機材に傾倒していて、ドラゴンフライもケロシン用のジェットに交換したところだ。マナスル121と併せて、ケロシンバーナーが二台だ。
ちっちゃいマナスル96があるのは知っていたが、全くといっていいほど売り切れている。手作りで生産されているこの稀少なケロシンバーナーは年間の生産台数に限りがあるとも聞く。製造現場の写真をネットで見つけたのだが、おばちゃん三人とお兄さんの四人が写っていて、女性が一つ一つをろう付けして組み立ている様子だった。うーむ、殆ど工芸品のような作り方だ。このような時代遅れと思える物を大事に継承してくれているもの作りの姿勢を垣間見て、マナスルにますます惚れてしまった。
そんなマナスル96がひょんな事で見つかって、一瞬考えたが、ここは絶滅危惧種の稀少動物を保護せねば。
d0290369_17480213.jpg

オプティマスNOVAのようにジェットを交換しなくてもガソリンと灯油に対応できるバーナーもある。便利なようで、灯油を燃やすと煤が結構出るらしい。やはり燃料に最適化したジェットであればこそ完全燃焼するのだろう。この点では、マナスルはもちろんケロシン用ジェットに交換するドラゴンフライも綺麗なブルーフレームになって、その状態だと鍋底に煤は殆ど付いていない。早いことキャンプに行かないと、物であふれかえってしまいそうだ

by fnobotan | 2015-12-20 17:50 | キャンプ | Comments(0)