Scansnapでデータを取り込む

紙がたまってきてそろそろ処分しなくてはと思っていた。
情報を伝え、そして情報をストックするためのメディアとして紙は一番身近で手軽である。ところがてもとのバランスをとるためには、入れることと捨てることを継続していないとすぐに滞留していく。
Scansnapは持っていたがなかなか使い切れていなかった。パソコンと接続した状態でデータ取得する必要があることと、一元的にまとめるためにクラウドにアップロードする手間が必要だった。
数年ぶりに見てみたら、Wifi接続できてクラウドサービスに直接アップロードできる機能が備わっていた。これ以上に便利になっているのは、電子化した領収書データで仕分けして確定申告できるようになってきたことだ。手続きは必要らしいが、日々の事務処理をスキャンニングだけで済ませて、後は仕分けの確認をするだけになりそうである。仕事を楽に、本当にやりたいことに集中できるようになれば、時間とコストの節約になると期待している。

[PR]

by fnobotan | 2016-02-21 18:45 | 自営業 | Comments(0)