人気ブログランキング |

手のひらにのるインナーワールドの窓

クラウドファンディングで出資を募集しているのを偶然見つけたのが昨年の九月だった。その直前に200LXが故障しているのを発見していた。なんという辻褄の合う流れだろうと思いつつ、迷わずに出資した。

2017年12月に出荷予定だったが、クラウドファンディングのプロジェクトにありがちな延び延びの状況が重なった。第一弾の出荷が今年の春節前に1000ユニットだった。その後キーボードの不具合やらなんやらでようやくセカンド・バッチが今月下旬から始まったのだ。幸いにも生産は順調に進んでいるようで、一般向けの注文も受け付けるようになった。少しお安く手に入れられたのが嬉しく、そしてちょっと自慢できるかな。(いや、無理か)

そんな(一部の)好事家から熱烈な支持を得ている逸品が、ようやくと、約八ヶ月かかって届いたのである。強者は一年半位待っているはずだから、これは普通のことなのだろう。

d0290369_19344339.jpg
早速通信環境を設定してから、よく使うアプリをインストールした。凝った使い方をしなければ環境設定はすんなり完了した。
すっごく気に入っています。私にとって蘇った200LX、といった位置づけですね。



by fnobotan | 2018-05-23 19:37 | 思考の道具 | Comments(0)