Raspberry Piが来た〜!!

初めてのパソコンは、大学時代にアルバイトして買ったシンクレアという、手のひらにのるくらいの小さくて軽いワンボードコンピュータだった。今でも、このZ81関連のフォーラムは世界各地で活発に活動しているらしい。低価格を実現していたが、そのためにスペックは限られていた。CUPはZ80、RAMは1KBでビデオRAMも兼ねていた。表示はテレビのアンテナ端子に接続し、外部記憶装置としてカセットテープレコーダーでプログラムをセーブしたり、ロードしたりできた。

d0290369_10271855.png
写真はウィキペディアから拝借。
イギリス生まれで、日本では三省堂書店が扱っていた時期に入手した。わくわくして、夢中になっていじくり回していたっけ。BASICとマシン語が扱えて、テキストブックに載っていた簡単なゲームを打ち込んで動かしてみたりしたものだ。肝心のプログラミングに関し技術的なスキルはまったく向上しなかったけれど、パーソナルコンピュータに関心を持つきっかけになった。そして、これがこの後に続く長い長い趣味と実用的なパソコンとの付き合いの始まりの一歩だった。

そんなシンクレアを生み出した同じイギリスで、コンピュータリテラシーを育む目的でRaspberry Piが生み出されたのは、必然というものだろう。アラン・ケイが提唱したダイナブックとは造形が随分と違うけれど、そのコンセプトに極めて近い存在だと思う。

d0290369_10572937.jpg

日本でも4000円しない。メインメモリは512MBなので、シンクレアと比べるとなんと巨大な容量になっていることか!

別途USB接続の電源とマウスとキーボードを用意する必要があるが、キーボードは丁度使っていないのがあったし、電源アダプタとケーブルはその辺にころがっていた。USBマウスは、新品で送料込みで500円しなかった。表示装置は、HDMIコネクタがついているなら自宅のテレビでいい。HDMIケーブルも余っていた。びっくりするくらい綺麗な絵柄で表示される。モデルはB+外部記憶メディアにはマイクロSDカードを用いる。これはできるだけ読み書きの速いものがいいという指定なのでClass10の新品を調達したが、16GBだとAmazonで1000円くらいだった。USBコネクタが4つあるので、マウスとキーボードそれと無線LANのアンテナをつけても一つ空きが残るし、ケーブルが邪魔じゃなければネットワークにはEthernetのコネクタで繋げばいい。LANケーブルも余っているなかから拾ってきた。ほとんどありもので間に合ったので、お手軽なんてもんじゃない。

OSはLinuxベースでオープンソースなので、フリーだ。MacBookProでネットからNOOBSというOSイメージをダウンロードして、ZIPファイルから展開したものを全部SDメモリカードにコピーしたらブートするとセットアップはほぼ自動で済んでしまった。繋がったネットでWebを探してみると、日本語変換の機能を使うやり方を見つけられた。ターミナルモードのウインドウで、書いてあったとおりに簡単なコマンドを打ち込んだら、こちらもすんなりセットアップが済んでしまった。ハードウエアも自由にアクセスできるようになっていて、GPIOという外部のハードウエアを制御するコネクタがあって、Raspberry Piでプログラムを作って電子工作ができる。学研の電子ブロックと似ているが、これはまさにパーソナルなコンピューティングの領域に入っていく。これ、はまりそうだなぁ




[PR]

by fnobotan | 2014-11-17 11:23 | 学ぶ | Comments(0)

BMWサイドカーとしては珍しい

先日、所用があり、関越道を下って郷里まで帰ってきました。
朝早く出掛けたので、眠気を覚まそうと寄ったサービスエリアで珍しいバイクを見つけました。

d0290369_22324990.jpg


うーん、かっこいいです。
[PR]

by fnobotan | 2013-05-22 22:33 | 学ぶ | Comments(0)

心のきらめきを導く言葉

私は開高健という作家が好きで高校時代からいつも傍らに彼の著書がある。全集は、若い日に買いそびれて後に古書で入手できた。有り余る時間の中で、なぜ再読しないのかと思った。もったいない。
彼は寡作にしてすべてを語り尽くしているような作家だと思う。日本語を、否、言葉を用いる人という生き物の有り様を率直に、あるがままに、愛してやまない、そしてどうしようもない人の本性を分かっていて、ずっと傍らにいて、それが自分自身なのだと思い悩みつつ、男子として生き様を貫いた、どうしようもなく人を引きつけてしまうような人。あぁ、酔っ払っているから思った言葉を紡ぎ出すのがむつかしい。いや、これでいいな。久しぶりに開高健の世界に触れて気持ちが沸き立っている。

偉大な作家がいた。彼の名前は、開高健という。

私の中では、これ以上の作家はいない。
[PR]

by fnobotan | 2012-10-12 00:25 | 学ぶ | Comments(0)

インカムのテストをかねて三崎まで

台風が近づいているために風は強いけれど日差しと気温はバイク日和だ。昨日セットアップしたインカムとナビを実地で試してみるのと久しぶりに美味しいマグロを頂きに三崎まで出向いてみました。
高速道路で横風に煽られつつ、平日の空いた道を海岸線にそって三崎港まで無事到着です。ZUMO550からインターフォンF5を通じてナビの音声がクリアーに届いていました。オービスの情報をダウンロードしてあったので、高速道路のしかるべき場所に近づくとアラートも鳴らしてくれました。最初は警告音がなんなのか分からずドキッとしたのですが精神的なブレーキをかけるのにもいいかもね。

平日の三崎港は観光客も少なくてのんびり日向ぼっこしてきました。ランチは市場近くのお店でビンチョウマグロ丼を頂きました。これがとても美味しくて、「ちゃんとした」ビンチョウマグロを初めて味わったように思います。980円は納得のお値段です。(交通費は別にしてね。)

帰り道で横須賀のパーキングで一服です。短い時間だったけれど楽しい散歩でした。
d0290369_23153998.jpg

[PR]

by fnobotan | 2012-09-27 21:00 | 学ぶ | Comments(0)

走ってみよう、の意気込みを形から入る その2

体幹を鍛えるトレーニングがこのところのトレンドだとようやく知った。やっている動作自体は従来の基礎トレーニングと大差ないように思うが、きちんとした理論やプログラムの構成がはっきりしているのがいい。
走るためのベースを作っていくのに適していると思うので、これを取り入れていくことにした。木場克巳著 体幹パフォーマンスアップ メソッドはDVD付きでわかりやすい内容だと思った。これでいってみよう。
なんと言っても肝心なのは歩き方や走り方そのものなのだが、走る人が増えたからだろうか、書店の棚には多種多様なランナー向けの解説書があった。写真やカラーイラストをふんだんに用いていて視ているだけで楽しい。その中から金哲彦著 ランニング・メソッドを選んだ。
記録を残して進捗を確認できるのは動機づけにいいと実感している。Googleマップ上に走った経路が描かれていく様を見ているともっと走ってみようかという気になってくる。バイクのツーリングの時にも同じことをやるけれど自分の本性にそんな欲求が潜んでいるのだろうか。
こいつはNike+にデータをアップロードして、ランニング履歴と目標設定の進捗を管理しやすくするガジェットだ。
d0290369_23153377.jpg

一人でトレーニングやる励みに少しでもなればいいと思う。思ったよりも厚ぼったかったけれど、デザインはシンプルでよい。USB経由で簡単にデータの同期が済むし充電もできる。ゆっくりでいいからつづけてやっていきたいな。
[PR]

by fnobotan | 2012-06-12 00:16 | 学ぶ | Comments(0)

今年はいい汗をかこう、をまず形から入るの図

以前から興味があったNikeのFree Runを誕生日のプレゼントでいただきました。
今年はひとつやってみようじゃないか、ということで意気込みをもってまずは形から入っています。
やる気はあるのですが、もう一押しほしいという微妙なおやぢ心をお察しいただきたい。
d0290369_23153359.jpg

フレキシブルなソールのため足の裏全体で地面を感じながら、歩いたり走ったり出来るようです。とても軽量で履いた印象はまるで足の裏にソールがくっついたかのようです。この柔軟なソールが脚の強化に効果的だそうです。ちょうど素足で走るのと同じだとのこと。ということは、いきなりがんばりすぎずに、ゆっくりなじませていった方がいいようです。
これまでも、Nike+やRunKeeperなどでジョギングやウォーキングの記録を残してきました。iPhoneのGPS機能と連動して記録をとれる便利さはとても良いです。これは続いていました。いかんせんジョギングの場合はスマホを腕にバンドで縛り付けるというスタイルは、かさばって重いため結局使わなくなっていました。音楽聴きながら走るのもヘッドフォンが煩わしくなってました。これは使わなければいいだけのことです。
もともと不精者なんだろうなぁ。せめて次のガジェットを準備して自分のお尻を叩いて、年齢と筋力の低下の追いかけっこの降下カーブをできるだけなだらかにしなくては。無理をして活性酸素を増やすような運動はする気はないけど、ゆっくり呼吸をしながら散歩気分で走るのは気持ちがいい。ランニングマシンばかりでは味気ないからね。
[PR]

by fnobotan | 2012-06-10 23:53 | 学ぶ | Comments(0)