郷里の家へ

高校の同級会があり郷里の近くまで出向いたので、足を伸ばして家の冬囲いを済ませてきました。
小さな建屋ですから言うほどの事もないのですが、久しぶりに障子の張り替えをやったりしたので冬支度に一日たっぷり掛かりました。植木も雪囲いをした方がいいのですが、手が足りないのと囲いにする材料がなくなってしまってそのままです。春先に庭師に入ってもらって選定をしながら何とか凌いでいます。
後一月もすれば雪がちらつくくらいの空模様になってくるでしょう。本格的な根雪は年末くらいでしょうか。ひっそりと街が静まりかえって、家の中で過ごす時間が増える季節です。暖かくして鍋物と熱燗でも頂きにまたそのうち行こうかな。
[PR]

by fnobotan | 2012-10-31 23:25 | 日記 | Comments(0)

いよいよKindleがやってくる!!

あと一ヶ月ほどで出荷が始まります。ようやく日本語と英語の書籍を一冊のKindleで普通に購入して読めるようになる。最初に用意された書籍は役5万冊。これからもっと増えていくだろう。ソニーのリーダーもがんばっているけれど、3G回線からいつでもどこでも本を手に入れられる魅力は危険すぎる。そして場所をとらない。本を置くキャパはもう余裕がない。1500冊を越えた辺りで、捨てるのと新規購入の新陳代謝でバランスしている。
実はスペースを節約するために、これまで所蔵してきた紙の資料をスキャナーで読み込み始めている。資料性のありそうな書籍は裁断して、いわゆる自炊で取り込む。それほど量はないけれど、いよいよ我が家では紙からデータへと移行が始まった。広くない家に住んでいるという実情と、書籍が好きだという嗜好の狭間で必要性が生じている。
Kindle,楽しみだなぁ。
[PR]

by fnobotan | 2012-10-24 16:19 | 書籍 | Comments(0)

ツーリングスクリーンの効果のほど

そろそろ「ういろう」が底をつきそうなので小田原までひとっ走りしてきました。
平日なので鎌倉から西湘バイパスを抜けて行くルートです。風もなく海はべた凪でした。シールドを上げて走ると磯の香りが吹き込んできて、ひんやりした空気が心地よい日でした。
ところで交換したスクリーンの効果ですが、風の通り道はヘルメットのトップをなでる辺りで、胸元の風圧がほとんどなくなりました。前のようにヘルメットのエアインテークから風が吹き込むような感じはなくなりました。身体の全面にほぼ無風状態があるので気温が下がってくるとありがたみが一層増すでしょう。また、長距離に出た場合は疲労度を大幅に軽減してくれると期待できます。まさにツーリング向けのコンディションになりました。
一つ困ったことは、風圧をあまり感じなくなったためにスピード感が変わってしまいました。いえね、いいんですよ、かっ飛ばして疲れないなら。でも、免許証が危ない感じです。
[PR]

by fnobotan | 2012-10-22 23:40 | バイク | Comments(0)

A1の良さはなにかな

A1が家に来てもうだいぶになるが、相変わらずよくやっている。いい車だ。日常どこかに出掛けようと思って使うには最高だ。サイズがいいんだ。暮らしている街の路地にサイズがよく合っていと思う。
でもそれだけではない。帰省の際に関越高速道の渋滞を難なくこなし、その後に気持ちよい速度で目的地まで流しきる事が出来た。A6のときほどゆったりした感じはないが、否、このサイズには信じられないくらいの安定感であっと言う間に走りきった。どっちかと言えばA1のクイックなハンドリングを生み出す、硬いボディにしっかりしたショックアブソーバが入っている今のバランスが好きだ。小さな高級車、その謳い文句を掛け値なしに受け入れられる。

塗装の頑丈さも上級車譲りだ。少なくともA6やBMWの5シリーズと比べて実感として大差はない。小さいくせにマンションの立体駐車所からせり上がってくる時に見える姿はサイズ以上に存在感を感じている。この点だけでも、いい車だと思う。

そして機動力の高さだ。小さいくせに速くて、そして力強い。燃費は12.5km/lがトータルだ。高速なら18km/lを越える。そして、はっきりいってこんなファミリーカー的な形をしている車としては十分なくらい速い。飛ばせば法定速度の1.5倍くらいで巡航できると思う。お好みならそれ以上でもどうぞと言わんばかりの走りっぷり。少し手前味噌過ぎ?
[PR]

by fnobotan | 2012-10-21 23:27 | 日記 | Comments(0)

麻布十番まで浅香良太さんの個展へ

久しぶりに浅香さんの個展が開かれるというご案内をいただきました。こよなく愛する画家さんです。広くない我家のあちこちに作品が掛かっています。

今回の個展では、先月急逝した母の面影を映すような作品に巡り会えたら入手したいと思っていました。しとしとと秋雨が降る夕刻、仕舞いの時間一時間ほど前に件のギャラリーへ到着です。会場には浅香さんがスケッチブックになにやらパステルで絵を描いていて、私が声を掛けると破顔一笑して迎えてくれました。

伺って挨拶もそこそこに、ぐるっと見渡してすぐに目にとまった作品がありました。まるで、ここにいるよ、と呼びかけられたように思いました。即断即決でした。浅香さんは一層顔をくしゃくしゃにして、そんな作品と私の出会いをよろこんでくれました。

ひとしきり近況など四方山話に花が咲き、浅香さんのエネルギーが高まっているのを感じられました。生活の基盤が安定してきて、作品に向ける時間や気持ちの余裕が出来てきたと話されたのが私の記憶に強く残りました。作家は創作の世界に浸かっていて、その時にはすべてを描くことに傾けるのだそうです。
一週間ほどすると今回購入した作品が届くことでしょう。私の心の風景に、また一つ情景が加わるのです。
[PR]

by fnobotan | 2012-10-18 15:19 | 日記 | Comments(0)

ツーリングスクリーンに換装です

MRAのスクリーンがようやく届きました。
売れていて品薄なのか元々流通量が少ないのか理由は分かりませんが、ネット通販で入荷見込みなしとの回答を三回受けました。注文していたクリアタイプはメーカー側で欠品していて、来年の3月頃になるという事のようです。ノンビリした話だなと思いますが、日本のインポーターが見込みを低めにして発注しているんでしょうか。幸い、スモークタイプがAmazonに一点在庫ありとのことでしたので、若干迷いつつも春まで待てないのでポチッとしました。こうなるとAmazonは早いですね。プライムのお急ぎ便で翌日に届きました。
実物を見ると思っていたよりもずっと透明感があってなかなかよいです。付け替えは簡単でした。四カ所のねじを六角で緩め、オリジナルのスクリーンにもともとついているゴムの台座をちぎれないように引き抜きます。カウルの押さえ?のようなプラスチックパーツを付けて、ついていたところにぐいっと押し込みながらねじ穴の位置を合わせます。MRAのスクリーンは加工精度がよくて、純正かのようにぴったりでした。
後は適度に締め込んで出来上がり。仕事の合間に出かけて効果のほどを早く確かめてみたいです。
d0290369_23154116.jpg

[PR]

by fnobotan | 2012-10-17 09:57 | バイク | Comments(0)

Optimus LTE L-01Dのアップデートが始まった

ようやくAndroin4.0へのアップデートが始まりました。ずっと待っていたのはChromeが使えるようになるからなのです。Google謹製のブラウザは別々のPCやMac,スマホでChromeのブックマークを簡単に共有できるからなんです。日々の暮らしで、まさに張り散らかしたポストイット(ブックマーク)をひとまとめに同期しておけるのは、捜し物をしなくてする便利さがあります。Androidはテザリングとおサイフ携帯が目的で使っていますから、殊更にインターネットの見るわけじゃないのですが、どこで見ても、いつブックマークしてもどこでも同じ構成に整っているというのがなんとも気持ちいいんですね。
[PR]

by fnobotan | 2012-10-15 22:32 | 思考の道具 | Comments(0)

同郷の若手達と痛飲しました

銀座東武ホテルのバーで10人ほど集まって、呑む、話す、食べる、そしてこのサイクルをぐるぐる回す飲み会が催されました。肩の力を抜いて、地元の言葉でわいわいやると気持ちがほぐれてきて、ほっとする時間を過ごせました。一回り以上違う人たちと騒いでいるうちについつい過ごしてしまいました。いいもんです、故郷があるというのは。
[PR]

by fnobotan | 2012-10-14 22:03 | 日記 | Comments(0)

心のきらめきを導く言葉

私は開高健という作家が好きで高校時代からいつも傍らに彼の著書がある。全集は、若い日に買いそびれて後に古書で入手できた。有り余る時間の中で、なぜ再読しないのかと思った。もったいない。
彼は寡作にしてすべてを語り尽くしているような作家だと思う。日本語を、否、言葉を用いる人という生き物の有り様を率直に、あるがままに、愛してやまない、そしてどうしようもない人の本性を分かっていて、ずっと傍らにいて、それが自分自身なのだと思い悩みつつ、男子として生き様を貫いた、どうしようもなく人を引きつけてしまうような人。あぁ、酔っ払っているから思った言葉を紡ぎ出すのがむつかしい。いや、これでいいな。久しぶりに開高健の世界に触れて気持ちが沸き立っている。

偉大な作家がいた。彼の名前は、開高健という。

私の中では、これ以上の作家はいない。
[PR]

by fnobotan | 2012-10-12 00:25 | 学ぶ | Comments(0)

ハイシートが届きました

二週間ほどかかってオーストリアからK1300Sのハイシートが届きました。関税と手数料で900円支払って無事受け取り完了です。送料を含めても国内価格より20,000円ほど安くなった勘定です。
今日は午後からアポイントがあるのでお昼までにシートを入れ替えてしまいました。停車した状態でステップに足をかけてみても余裕があるのが実感できます。見た目でお尻の部分はクッションが厚くてこれならずいぶん楽になるのではないでしょうか。
d0290369_23154175.jpg

[PR]

by fnobotan | 2012-10-10 14:27 | バイク | Comments(0)