人気ブログランキング |

さらなる音質向上を期待してミキサーとパワーアンプを微調整

プリアンプとして使っているXONE:02からパワーアンプのThomenn S-75Mk2に至るバランス調整を久しぶりに見直した。
これまでプリアンプであるミキサーから出す信号のレベルをできるだけ大きくし、パワーアップを極力絞った状態で使ってきたが、果たしてこれで性能をひきだしているのだろうかと、ふと思った。スピーカーはエクリプスTD-508Mk3で、音質は申し分ない(好みにぴったり)なのだが、ハードウエア的には能率が82dbと低い。8cmと小径のフルレンジスピーカーだからこんなもんかと思って気にしていない。澄み渡る高音とは裏腹に低音はやや痩せた印象があった。それが好み的に良かったりするが、通常のマルチユニットのスピーカーに比べてもっとパワーアンプから信号(電流)を送ってやれば音質的にいいのかも知れない、という考えで調整してみた。

まずプリアンプからだ。VCA MASTER level コントローラー(ボリューム)というミキサーから出力する信号を決めるつまみは、反時計回りで絞りきっておく。次に、メインボリュームの代わりになっているChannelフェーダーを一番下げておいて、CHANNEL INPUT level controlsというボリュームで入力信号の0dBになるように、Channel Level Meaterを見ながら調整を行う。LEDメーターが0dBを軸に上下に2つくらいついたり消えたりするくらい。ヘッドホンを繋いで信号をモニターしながらやりないさいとマニュアルには書いてあったかな。ともかく、プリアンプの役割を担っているミキサーでCDPの信号を整えたら、まずは第一段階は完了だ。

そうしたら、VCA MASTER level コントローラーのつまみを時計回りに最後まで捻って最大にしておく。ミキサーから出力する信号レベルとヘッドホン側は連携していないので、モニターするために繋いでおく。パワーアンプについている二つのボリュームは最小にしておいて、パワーアンプの電源を入れたら、ミキサーのChannelフェーダーをMAXに上げCDを再生し始める。ヘッドホンの再生音が確認できるから、徐々にパワーアンプについている左右両チャンネルのボリュームを時計回りに少しずつ捻って、普段聴くだろう最大音量まで上げる。(ヘッドホン外さないとちゃんと聞こえないのは当たり前だ)我が家はマンションなので、ご近所の迷惑にならないように部屋は閉め切ってやっておりました。

パワーアンプのボリュームは従来までおおよそ時計の10時位だったのが、以下のように変化していきました。

第一段階としては、11時半くらいにしたところ。これだけでも低音に厚みが増して、音質にも密度感が増したような印象が得られた。ちょっとボリュームをいじっただけなのに変化が実感できたわけだ。これまでのセッティングは間違っていたなぁ、という反省しきり。
d0290369_10482423.jpg
音源の良し悪しによって随分ばらつきがあると思い、音楽ソースをあれこれ替えながら、CHANNEL INPUT level controls(いっぱいついているボリュームのなかで入力信号の量を決めるやつ、でよかった?)も微調整した。再生のバランスを確認するために主に用いた音源は、以下のCDだ。

d0290369_10551134.jpg

結果として、パワーアンプのボリュームは以下の位置に落ち着いた。
d0290369_10550577.jpg

小さなスピーカーを駆動するには、十分な信号電流というエネルギーが必要だったようで、これだけの変更でTD508 Mk3は見違えるようになった。音楽全体の質感?というか音場感?というか、生々しさをより表現するようになり、再生音に厚みがました。さらに音域の上下がより開けたような印象(あくまで主観ですので・・)になった。ミキサーのフェーダーはこれまでMAXだったのが、少し下げたくらいにして丁度聴き頃くらい。最大限にするときは部屋を閉め切って聴くくらいの音量になった。まぁ、聴いていて以前より楽しくなったわけで、今回の取り組みは成功という結果だ。また見直しをする事があるだろうから、備忘録として。
以上、結構雑にやっているので、これをご覧になって同じようなことをやろうという奇特な方がいらっしゃいましたら、くれぐれも慎重に。






by fnobotan | 2014-07-30 11:09 | オーディオ | Comments(0)

ネコは寝るから寝子?

梅雨明けです。夏本番に向かっています。家は風が通るから気持ちいいです。でも、毛皮をまとっていると暑いです。
なので、とりあえず寝て過ごします。

d0290369_09105929.jpg

気持ちよく寝ているときに、勝手に写真を撮らないでほしいんです。
d0290369_09101482.jpg


by fnobotan | 2014-07-23 09:12 | ねこ | Comments(2)

赤紫蘇ジュースで風呂上がりの一杯

赤紫蘇を300gを2リットルほどの沸騰したお湯で2,3分ざっと茹で、その茹で汁に砂糖500gを溶かし、粗熱をとったらレモン汁50ccを加えてできあがりです。
簡単にできて健康にもいいらしいとのこと。ウイルキンソンの炭酸水で割ると風呂上がりに最高の一杯となります!
甘さはやや抑えめで炭酸がキリッと効いているくらいがいいですね。

d0290369_23020729.jpg

by fnobotan | 2014-07-21 23:03 | 日記 | Comments(2)

天気が良くなるよ〜

我が家のネコらを見てその日の天気を占ってみよう。
ということで、ヒメさん登場。
これだけ大胆な腹見せポーズと言うことは・・・今日はご機嫌な空模様になるでしょう!(なんてな)

d0290369_08051021.jpg

by fnobotan | 2014-07-11 08:05 | ねこ | Comments(2)

アナログからデジタルへ情報を取り込む素晴らしい解答か!?

妻が会社でおもしろいものの話を聞いたと連絡してきてくれたのがきっかけでした。どうやらガジェット好きの私が知っているかも、と思ったようです。彼女が働いている会社の社長が先日米国に出張した際に、ミーティング会場で他の参加者が使っているのをみて驚いて帰ってきたという話からです。それは、紙のノートに書いた文字や図表をそのまま画像イメージで取り込み、文字はOCR技術によって高い精度でコードデータ化できてしまうLivescribe3というものです。使い方として、基本的にiOSデバイスとリンクして用いるため専用のアプリが無料で用意されています。けれど録音が必要なくて筆記データだけなら単体でノートに書いてもいいようです。

d0290369_11152212.jpg

多言語対応になっていて、当然ながら日本語にも対応しています。デモ動画を見ると、英語圏で開発されているからでしょう、アルファベットの認識率は非常に高く、専用ノートに書いた文字はBluetooth接続したiOSデバイスにそのまま画像として取り込まれ、スワイプすると即座に文字データに置き換えできます。加えて、ノートに印刷してある録音の記号をペンでタップするとiOSデバイスでその場の音声を録音でき、その時書いていた手書き文字が緑色で表示されるようになっています。時系列に記録をとりながら、後で振り返るのにとても使いやすい方法です。

d0290369_11221045.jpg

これまでiPad用にいくつかのタブレット用ペンを使ってきました。その中には、見かけ倒しで全く使い物にならないものもあったりします。ところがLivescribe3は普通のボールペンでノートに書き留めるという行為自体はまったく普段通りですから、入力するとか、いかにも電子機器を使っている風はないわけです。ボールペンの芯を出すために捻るとそれがスイッチになっています。替え芯は一応専用のものを推奨していますが、CrossからでているTeck3 8518-4に交換して使えます。書き心地を優先する場合は、純正品より若干割高でも選択肢があるのはありがたいです。とは言え、元々ついているボールペンも書き心地はラミーに似たしっかりしたいいタッチです。本当に使い道をよく考えて作っていると思います。

肝心の手書き文字からの変換効率ですが、私のような悪筆で書き殴ったような文字は、人が見ても(自分でも)認識が難しいので除くとして、それでも普通に落ち着いて書き留めるとほぼ認識します。ちなみに妻が普通に書いた文字はそのまま100%認識して、その精度に驚いていました。記録をとるためには専用のノートが必要になりますが、これまで使ってきたプロジェクトノートと価格を比較すると同等か割安になっています。A4版80シートだと厚めになりますが、リング分の余白があって中にA4の紙をそのまま差し込んでおけます。フォルダ代わりにもなって、普段のノートとして使う目的でもこっちの方が私の使い道あっていていいと思いました。バッテリーは10時間以上は持つようですし、iOSデバイスと繋がっていなくてもノートに筆記した「データ」は単体でメモリに残してくれます。後でまとめてBluetooth経由で送ればいいので、これも使い勝手としてとてもいい点だと思います。

さっそくお客様との打ち合わせに使ってみた感想です。筆記具として手に馴染む形にデザインし直したとことで、持った感じはクラシックな万年筆ようようです。バッテリーが内蔵されいるのですが、重さのバランスもうまくとれていて、ミーティングで数ページをメモった程度だと全く違和感はありませんでした。と言うより、普通に書き心地の良いボールペンです。周囲に対していかにもハイテクの道具を使っていると思われることもないでしょうから、気兼ねなく活用できます。二時間弱使った後で本体のバッテリー残量は85%ほどでした。

サイズ比較の参考として、EverNoteが企画したJot Script、Jot ProそしてLivescribe3を並べてみました。
d0290369_11462528.jpg
日頃、仕事でなんらかの記録をノートに書き留めるのは当たり前のことでしょう。どれも道具ですから使いようです。けれど私のように、紙とペンがやっぱり好きだ、という思いのある向きには現時点でベストの回答になると思います。それ以上に、文房具好きにはたまらない逸品とも言えます。

by fnobotan | 2014-07-04 11:49 | 思考の道具 | Comments(0)

日頃手にする道具

先月、誕生日でした。
パートナーからプレゼントは何がいいかと尋ねられ、もともとお酒好きなのでよく使う道具をお願いしました。自分だけだったらなかなか手が出しづらいけど、使い始めたらたぶん一生もんになりそうな気がして選んだのがライヨールのソムリエナイフです。

自然の素材を用いていて、ひとつひとつ風合いが異なるため、いくつか並べて見させてもらってから決めました。写真だとわかりにくいのですが、漆黒の地にうっすらと白の差しが入っていて、丁度我が家にいるキジトラのメイがこんな印象の毛並みで、あのコに似ているねぇ、ということで。

使い心地はこれまで使ってきたものとは比べものにならないほどです。ナイフの切れ味はよく、ボディーがしっかりと作られていて、緩やかな弓形をした造形が手によく馴染みます。
素敵な贈り物が、生活の彩りとして、テーブルに花を添えてくれています。

d0290369_10210023.jpg

d0290369_10212309.jpg


by fnobotan | 2014-07-02 10:21 | 日記 | Comments(2)