Raspberry Piが来た〜!!

初めてのパソコンは、大学時代にアルバイトして買ったシンクレアという、手のひらにのるくらいの小さくて軽いワンボードコンピュータだった。今でも、このZ81関連のフォーラムは世界各地で活発に活動しているらしい。低価格を実現していたが、そのためにスペックは限られていた。CUPはZ80、RAMは1KBでビデオRAMも兼ねていた。表示はテレビのアンテナ端子に接続し、外部記憶装置としてカセットテープレコーダーでプログラムをセーブしたり、ロードしたりできた。

d0290369_10271855.png
写真はウィキペディアから拝借。
イギリス生まれで、日本では三省堂書店が扱っていた時期に入手した。わくわくして、夢中になっていじくり回していたっけ。BASICとマシン語が扱えて、テキストブックに載っていた簡単なゲームを打ち込んで動かしてみたりしたものだ。肝心のプログラミングに関し技術的なスキルはまったく向上しなかったけれど、パーソナルコンピュータに関心を持つきっかけになった。そして、これがこの後に続く長い長い趣味と実用的なパソコンとの付き合いの始まりの一歩だった。

そんなシンクレアを生み出した同じイギリスで、コンピュータリテラシーを育む目的でRaspberry Piが生み出されたのは、必然というものだろう。アラン・ケイが提唱したダイナブックとは造形が随分と違うけれど、そのコンセプトに極めて近い存在だと思う。

d0290369_10572937.jpg

日本でも4000円しない。メインメモリは512MBなので、シンクレアと比べるとなんと巨大な容量になっていることか!

別途USB接続の電源とマウスとキーボードを用意する必要があるが、キーボードは丁度使っていないのがあったし、電源アダプタとケーブルはその辺にころがっていた。USBマウスは、新品で送料込みで500円しなかった。表示装置は、HDMIコネクタがついているなら自宅のテレビでいい。HDMIケーブルも余っていた。びっくりするくらい綺麗な絵柄で表示される。モデルはB+外部記憶メディアにはマイクロSDカードを用いる。これはできるだけ読み書きの速いものがいいという指定なのでClass10の新品を調達したが、16GBだとAmazonで1000円くらいだった。USBコネクタが4つあるので、マウスとキーボードそれと無線LANのアンテナをつけても一つ空きが残るし、ケーブルが邪魔じゃなければネットワークにはEthernetのコネクタで繋げばいい。LANケーブルも余っているなかから拾ってきた。ほとんどありもので間に合ったので、お手軽なんてもんじゃない。

OSはLinuxベースでオープンソースなので、フリーだ。MacBookProでネットからNOOBSというOSイメージをダウンロードして、ZIPファイルから展開したものを全部SDメモリカードにコピーしたらブートするとセットアップはほぼ自動で済んでしまった。繋がったネットでWebを探してみると、日本語変換の機能を使うやり方を見つけられた。ターミナルモードのウインドウで、書いてあったとおりに簡単なコマンドを打ち込んだら、こちらもすんなりセットアップが済んでしまった。ハードウエアも自由にアクセスできるようになっていて、GPIOという外部のハードウエアを制御するコネクタがあって、Raspberry Piでプログラムを作って電子工作ができる。学研の電子ブロックと似ているが、これはまさにパーソナルなコンピューティングの領域に入っていく。これ、はまりそうだなぁ




[PR]

by fnobotan | 2014-11-17 11:23 | 学ぶ | Comments(0)

今シーズン初登場

すっかり冬模様になってきた。
ネコらもそうだが、人も暖が恋しい気候になった。
そこでアラジン登場!

今年は芯を交換したから、ブルーフレームがひときわ輝いている。
やっぱり冬は暖かいストーブが嬉しい。

d0290369_17512718.jpg

[PR]

by fnobotan | 2014-11-11 17:51 | Comments(0)

新体操の種目ではリボンが得意なのぉ

ヒメははっきり言って熟女体型、失礼、ふくよかなプロポーションだ。
一見して鈍重か、という印象だが、あに図らんや切れ味のいい反応を示すのである。
ひも好きなので、毎晩のようにお風呂上がりには遊んでコールに応じている。
そんなときに、まるで獲物を狩る野生の本能が解放され、本来の姿に戻るかのような鋭い爪裁きを見せるのである。
そうやって遊んだあと、一汗かいて満足そうなヒメの顔だ。

d0290369_23501125.jpg

[PR]

by fnobotan | 2014-11-06 23:53 | ねこ | Comments(2)

Fシリーズは今が底値だろうなぁと思って、ほぼ衝動買い

見ないことにしていたんだよなぁ、なんとか。
Tさんの奥様がハイレゾを満喫しているとのことだったので、この前Tさんご夫妻のお手伝いに伺った際に、ついどの機種なのか聞いてしまった。
我が家のMacは全部Yosemiteにバージョアップしてしまったので、肝心のKORGのDS-DAC-100mが動かなくなっていた。ユーザーサポートに尋ねたところ、鋭意頑張って開発しているがドライバはいつになるか明言してもらえない状況だった。もっとも、これまでも似たようなもんだったけど。

あれこれごまかして工夫して、QNAPの音源をWifiで引っ張ってきてはリビングのオーディオで鳴らしてみたりした。iPhone5からiBassoのD12hjへ繋いで以前のシステムに近い構成でやってみると、なかなかいい感じに響きが拡がる。サーバーがジュークボックスの役割を担っていて、ある程度のBGMならいちいちCDプレーヤーで聴かずに、有線放送状態になる。とはいえハイレゾで耳が慣れてしまっているのか、どうも音場感と音の密度がいまいちな印象がついてまわる。そんなときに新しくWalkmanのAシリーズがでて、F880シリーズが生産中止になるため流通在庫が底値らしいと知った。

Androidベースのこの機種は電池の持ちが良くないとの評判を見たが、基本的に家で鳴らすからモウマンタイである。それよりもAndroid版のQMusicが使えて、無線LAN使ってサーバーから音源を引っ張ってこれて、元の音源をアップコンバートしてから出力してくれるのだから、要望にぴったり!なんどか視聴していて、音質はSONYらしい透明感があって元気の良い印象を持っていた。あぁ、こうなるともう戦略的衝動買い、という言い訳しか浮かばない。

ネットではある程度の値段しか出てこないので、新橋に用事で出るついでにY電気で現物を探してみた。なんということか、64GBはあと白が一個だけ残っていて、32GBモデルと1000円の差額だった。あれ、そうなの?それで、クレジットカードを使ってもポイント10%つけてくれるというので、「すごく」安く感じる値段になってしまった。即決である。

d0290369_16483651.jpg
はい、めでたくお買い上げです。
d0290369_16492571.jpg

予定通り、QMusicをインストールして、iPhoneと入れ換えて鳴らしてみると、期待通りの音が出てくれました。(同じだったらアホだなぁと心配していたのでほっとした)

でも、Wifiだと音が途切れたり、挙動がやや不安定なので、これは残しつつ音楽ライブラリを丸ごと入れてみた。
d0290369_16533811.jpg

まだ9GB空いているけれど、ほぼちょうど収まった感じです。1000円ケチらずに、64GBにしておいてよかったなぁ。

[PR]

by fnobotan | 2014-11-02 16:56 | 日記 | Comments(2)