人気ブログランキング |

初めてのメッシュシェルターを連結までやってみた

土砂降りに近い雨模様の合間を縫ってなんとか二人で設営してみました。
慣れない機材を取説見ながらおよそ4時間くらい奮闘した成果です。連結するトンネル部はほんとに苦労しました。

d0290369_09075453.jpeg

お陰で中は広々と使え快適です。夜半の冷え込みにそなえ持参した石油ストーブも投入です。換気に十分注意する必要がありますが、実は連結部はスカスカで外気を問題なく取り入れられ、天井と周辺からも空気の循環がありました。

d0290369_09125287.jpeg

2日目はなんとか雨も上がりフルにたのしめそうです

by fnobotan | 2015-10-31 08:47 | キャンプ | Comments(0)

三毛猫ヤマト 冬バージョン

いえね、今回もたいしたネタじゃないんです。
ネコらが寒がり始めたんで、猫用のヒーターを入れがてらヤマト運輸さんの猫ちぐら(はい?)をちょいとバージョンアップしたんです。
余っていたクリアフォルダーを適当な大きさに切り分けて窓に貼ってみました。こうすれば中に暖気がたまりやすくなって冬場の快適性も増すだろうなと思ったわけですね。

猫ごたつだといるんだかいないんだか見えなかったけど、これなら磨りガラスの向こうに三毛柄が見えますよ〜。

d0290369_21290905.jpg

by fnobotan | 2015-10-28 21:29 | Comments(2)

こっ、これは!?

最初にお断りしておきますが、たいした話じゃありません。
オートキャンプにはまりだしてから用品も段々増えていく中で、ちょこっと憧れていた一品にようやく巡り会えました。

すでにユニフレームの400mlサイズを便利に使っているのですが、シェラクラブのオリジナルはなんとか入手したいモノだと思っていたのです。多種多様なシェラカップ(という名称も含めて)が世の中にありますが、そのオリジナルなのですな。
自然保護団体の活動から会員証代わりという目的で誕生したこのユニークなカップ(ツール?)はツーリストやキャンパーにとってなくてはならないモノと言われるまでになっています。その精神性とオリジナリティに敬意を表し、せっかくなので仲良く妻とペアで揃えました。

d0290369_11082445.jpg


by fnobotan | 2015-10-27 11:12 | キャンプ | Comments(2)

順調に初回点検を完了

先日の帰省で一気に走行距離を稼いだ。すでに予約済みの初回点検に出向くと1,000km弱となり、整備が済んだらいよいよタコメーターの上限は9000rpmになる。回せるかどうかは別であることはいうまでもないが。4000rmpを超えるとそこはすでに免許証がレッドゾーンに入ってしまうし、それ以上になると別なモノをかけなくてはならなくなりそう。

オイル交換の効果か車体全体の馴染みが出た印象が増して、スムーズさに磨きがかかってきた。ともあれ、右手のスロットルにリニアな反応を示すボクサーツインを心置きなく楽しむことができる。運転していて思うのは、都心などで煩雑な車の流れに乗るためには瞬発力は大切なのだ。

ほっとひと息ついて、いつもの駐車場で記録を兼ねて一枚。

d0290369_21511261.jpg

by fnobotan | 2015-10-23 21:51 | R1200RS | Comments(0)

抱え込み宙返りポーズでお昼寝中〜

ヒメが珍しい格好で寝ていた。
メイはよく変な格好をするんだけれど、こいつは気づかれないようにそ〜っと撮っておかなきゃ。
一体全体、猫の身体の中ってどうなってんだろう。

d0290369_19293000.jpg

by fnobotan | 2015-10-19 19:29 | ねこ | Comments(2)

豊穣の空の彼方へ

とある事情で故郷に帰った。
帰郷の途上でショッキングなニュースが飛び込んできた。
一歳上の同郷の先輩が交通事故で急逝された、という連絡だった。

帰郷の最初の目的は、何のことはない、雪囲いの板を入れがてらバイクの慣らし運転を済ませるつもりだった。
だが、高速道路で休憩をしたときに、確認したメールの内容がにわかに信じがたいことを伝えていた。

簡単な昼飯を済ませるつもりで立ち寄ったサービスエリアの風景がいつもと違って見える。ヘルメットが手を滑り、乾いた音を立てて床に落ちた。

うつろな気持ちで乗り慣れないリッターバイクであと二百キロ以上走るのは危険だととっさに思う。
気持ちを抑えるようにして、エンジンを始動した。

高速道路を降りてすぐのところにあるスーパーマーケットで水引とペンを買って、誰も住むことのない実家に着いた。夕刻からの約束までまだ数時間ある。ご焼香の準備を済ませ、すでに遺骨となって実家に戻った先輩に会いに行った。

そのまま夕方の約束の場所まで4kmほどなので歩くことにした。秋の陽は背中に優しく温もりを降り注いでいた。

ゆっくりと時間は過ぎていった。

そしてこの時は二度と前の場所に戻ることはないのだ。

d0290369_21454405.jpg

by fnobotan | 2015-10-18 21:47 | 日記 | Comments(0)

R1200RSにPuigのインナーフェンダーを装着

リアタイヤ周りはすっきりしすぎていて、格好は良いのだけれど、雨が降ったら泥水がはね放題になるらしい。
納車前にネットで情報を漁っている時に、先輩方があれこれ工夫をしている様子が公開されていた。その中でもPuig(プーチ)のインナフェンダーが良さそうだったので、納車を気長に待つ楽しみとして手配済みだった。ちなみに日本語対応している独のネットショップで購入した。

d0290369_15593801.jpg

取付は簡単かと思ったら、豈図らんや、もとのネジをはずすT型トルクスのチップと適正に締め付けるためにトルクレンチが要りようだったりと先ず準備が必要だ。残念なことに持っていたトルクレンチでは大きい方に対応できなかったのだ。
あれこれ準備していざ取り付けようと共締めするとこのネジを外したら、取付位置の穴がズレて焦った。そこで丁度合うようにタイヤに台座代わりとしてロック用の鎖をまとめてかませたりした。交換する方のネジは普通の六角ネジで、Puigの取説によれば、締め付けトルクは大きなネジが56Nm、小さいネジが24Nmに指定されていた。緩み防止材を塗布して指定トルク通りに締めるところはもう簡単だ。

d0290369_15593865.jpg

はたして、妻が雨の日に一緒に出かけてくれるかどうかは甚だ疑問だ。それでも急な雨や他の理由で路面に水があっても泥はねは減らせるからいいだろう。

d0290369_15593814.jpg

三個ある六角ネジを緩めてフェンダーのセンター合わせをして完成だ。なかなかかっこいい。

d0290369_15593871.jpg

で、取りあえず試走を兼ねて、三崎までちょいとお出かけ。途中で確認しながら無事到着、問題なし。
殆ど似たようなアングルばっか。

d0290369_17343835.jpg

最初から装備されていない上に、純正オプションにもない。どうしてなのか、それだけが素朴な疑問。

by fnobotan | 2015-10-13 16:41 | Comments(2)

美味しさを求めて

まだ納車後二日目ではありますが、なんというバイク日和‼️という事で、妻をタンデムシートに三島へと向かいました。乗り慣れてないマシンでいきなりだったにも関わらず、至極快適なショートツーでした。
やっぱ、この感じです。大きなスーパーカブのような、どんな状況でも安心して身を預けられる懐の深さがあります。
長い付き合いになりそうな、そう思う出来事です。

d0290369_20035400.jpeg

by fnobotan | 2015-10-12 19:55 | R1200RS | Comments(0)

R1200RSが無事に納車です

予てより待ち侘びていた新しいRSが納車となりました。
R1150RSよりもスムーズで軽快な走行感覚は、R259のボクサーエンジンに感じていた以上に、どこまでも走って行けそうな気にさせてくれます。

d0290369_18131655.jpg

慣らし運転は5000rpmがリミットだとマニュアルにありましたが、通常走行で3000rpmも回せば高速の流れに乗って行くには不足のない速度が出ます。追い越しでシフトダウンしても十分な余裕があり、普段使いのままで慣らし運転は済ませられそうです。

d0290369_18131697.jpg

身長が175cmで日本人体系の私は、ハイシートにしてポジションがしっくりくるバランスです。市街地から高速道路を思うように半日走って、もう身体と感覚も随分馴染んだように思えるくらい乗りやすいです。

d0290369_18131642.jpg

来週末に帰省を兼ねて一気に慣らし運転を完了する予定です。初回点検を済ませたら、凍結の心配がないうちに箱根へ出かけてみたいものです。
そうそう、タイヤはミシュランのPilot Road4がついていました。メッツラー好きとしてはトレッドパターンが細かすぎて好みではないのですが、性能は間違いないタイヤですし、走ってしまえば見た目は関係ないか(笑)

d0290369_18131751.jpg


by fnobotan | 2015-10-10 18:22 | R1200RS | Comments(2)

空は季節を見せている

いい夕焼けだった。

秋は深まりつつある。空気は乾き、空は高まる。

見渡せる遠景が、思いをその視野の向こうまで届けてくれる。

また、遠くに行ってみようじゃないか。

d0290369_21241345.jpg

by fnobotan | 2015-10-09 21:24 | 日記 | Comments(0)