珍しく箱入りメイさん

自転車用のシューズが届いたのでヒメが入るのかなと思って置いておいた。
ところが、珍しいことにメイがちょこりんと入っていた。
写真を撮られるのがあまり好きでないのに、この時に限って大人しくポーズを決めてくれた。
そろそろ20歳になろうかというメイさんはまだまだ好奇心旺盛で元気なのです。

d0290369_23250119.jpg

[PR]

by fnobotan | 2016-03-30 23:25 | ねこ | Comments(2)

日頃のお楽しみが増えてしまった

先日、人材教育会社の社長を経営される仕事仲間のTさん宅にお邪魔した。したたかに呑み、語り、笑い、いつものように濃厚なおもてなしをいただき幸せな時間を過ごしたわけである。

ところで、お邪魔した際に拝見したがの、55インチだったかと思うが、リビングにある大きなテレビに接続されているFireTVとApple TVだった。うーむ、やっているなぁ。率直に言って、我が家では出遅れている部分であった。PS4でNetflixを見始めてはいたが、他の端末を検討せず、それでいて別に起動するのが面倒だと思いつつそのままだった。説明してくれるTさんの目がキラキラしていて、ちょっとドヤ顔だったように見えたのは、悔しさ半分以上なのだった。だって新しもの好きなんだもんね。

で、帰宅して早速注文しました、FireTV。発売当初のようなこともなく、翌日には届いてしまった。そそくさとNetflixのアカウントを設定し、Primeビデオ共々楽しんだのだが、もうテレビは電波でコンテンツを運ぶ時代じゃないよな、ってあらためて思ってしまった。すでに経験済みだったにもかかわらず、簡単なリモコンがほんとうに心地よく見たい番組を画面に出してくれる。
気をつけないと廃人になってしまいそうな予感がする今日この頃、相変わらずお気に入りのシドニアの騎士を見返す私です。

[PR]

by fnobotan | 2016-03-22 19:25 | 日記 | Comments(2)

キャリアコンサルタント(カウンセラー?)が国家資格になる

いいことなんだろうと思うが、上で旗振りして現場で慌てふためいてまとめた印象がついて回る。とかくありがちな話だが、自分の所有していた資格が国家資格に格上げされる?と思うと少し得した気になる。

だが国家資格とするために必要な手続きには、登録手数料8,000円と登録免許税9,000円がかかるらしい。実態として何が変わるのかよくわからないのに、名目料だけでこれだけの費用を5年ごとに払ったり、継続学習で費用がかかったりと維持するのもそれなりの負担がかかる。さてさて、GCDFを取得してかれこれ10年になったのだが、どうしたものだろうか。

実際にキャリアコンサルタントだけで生活していける状況ではなく、箔をつける程度の位置づけではなかろうか。資格取得のために学ぶことや継続学習を通じてえられる知見は有意義なものである。しかし大学院で学ぶために割く時間と費用とを比較したり、自分がやりたい方向性を検討したりして選択した方が良いかもしれない。何も士業でやっていくわけではなく、フリーエージェントで8年やってきたわけだから、提供価値と自分の立ち位置をうまくお客様に理解してもらえるような、言ってみればブランディングの一環として考えられるのならば取り入れていけばいいか。

[PR]

by fnobotan | 2016-03-14 17:42 | 自営業 | Comments(0)

R1200RSでいく、大磯、江ノ島、鎌倉経由 そして美味しいパン屋さん

ようやく春めいてきた。先週からずっと急がしくしていて、今日はお休みモードでノンビリ。
午前中に仕事を片付けてからR1200RSを駆って、大磯まで美味しい魚定食を食べに行ってきた。

由比ヶ浜から湘南バイパスに通じる道は、海風が磯の香りを吹きつけるかのようだった。そして、この気候に誘われたからだろう、平日にもかかわらず海岸端の道は結構混んでいた。ライディングジャケットのインナーを外してきたのにうっすらと汗ばむような気候だ。ヘルメットのスクリーンをあげ、潮の香りを吸い込みながら混雑した道の端っこをすり抜けるように走った。

帰りの道も似たような混み具合だったけれど、カムシャフトの当たる音から角が取れてきた頃には身体もバランス感覚をとりもどしていた。江ノ島で猫たちの様子を見てから鎌倉経由で帰る途中、分かれ道交差点にあるビゴに立ち寄った。ここのパンはお気に入りだ。
家に戻ってソファーに体を預けたらそのままウトウトと寝入ってしまった。たいした距離でなかったけれど、心地よい疲労感があって、短い時間でも深い眠りだった。とても気持ちがすっきりとした。

さて、相棒を磨いてカバーを掛けてこよう。

d0290369_16483922.jpg
d0290369_16484481.jpg


[PR]

by fnobotan | 2016-03-08 16:49 | R1200RS | Comments(0)

人的資源管理のブラッシュアップでセミナー参加

大学の教授という肩書きのある方々から講義を聴けるので期待があって楽しみにしていた。
それに違わず二日あるセミナーの初日、これまで日本で行われてきた人事制度の概略と現在そしてこれから行われていくであろういくつかの選択肢について有意義な学びがあった。
外資系企業を渡り歩きながら人事で20年以上やってきた身としては、日本の現状がようやくグローバライゼーションの鳥羽口に立ったのかという印象と共に、今取り組んでいる制度策定のプロジェクトについて方向性が間違っていないという確認ができたのが大きな収穫だった。

企業は継続して存在できてこそ、雇用を保全できるのである。そのためにはそこに働く社員という呼び名の経営資源を最大限活かしつつ、事業のために資金を留保し再投資する必要がある。労務費はコストではなく、その企業が創り出しうる新しい価値の源泉だと思う。会社も働く個人も、自立的に自らの将来を創り出していくために協力していくことが、これから先の人的資源管理の範疇にある仕組みだとしたら、それは至極当たり前のように思えた。会社というシステムに依存できる状況は、20年前に崩壊してるのだからね。

[PR]

by fnobotan | 2016-03-05 21:17 | 自営業 | Comments(0)