人気ブログランキング |

勝間光学の双眼鏡は素晴らしいのであった

もうかれこれ15年ほど前になるだろうか、7×10のIF式双眼鏡を入手した。勝間光学がOEMで作って、航海計器で名が通っているタマヤ計器システムのブランドから出ていたものである。このメーカーはこれまで国内外の有名メーカー向けに品物を納めてきた実績をもち、実は知る人ぞ知る、日本が誇る光学メーカーなのだ。
光学性能云々についてはさっぱりだが、初めてこの双眼鏡を覗いたとき、集光力がいいのだろう肉眼で見るより明るく見えるのに驚いたものだ。そして視野中央部の解像度が高く、収差が少なく極めて見やすい。レンズが大きく性能が良い分、重厚な筐体で気楽に持ち出すにはやや大きく重い。腰を落ち着けてバードウォッチングするために三脚をつけるようにしてみた。いいものなのでいつまでも最初の感動を与えてくれるが、如何せん1.5kgはお散歩向けには重装備だ。
久しぶりに勝間光学のホームページを覗いてみたら、すっかり民生品向けの生産を絞り込んでしまっていて、海外の、それも「プロフェッショナル向け」を主に(細々と)やっているようだ。状況は以前からあまり変わっていないけれど、残っていたことにほっとして、手に入るうちに気軽に使える小型の双眼鏡を求めておくことにした。とは言え、部品が入手困難らしく国内向けはアウトレット扱いで殆どが注文を受けていない。幸いにも6×8のIFは黒とオリーブが注文可になっていた。迷ったあげく結局無難な黒を選択した。
待つことおおよそ2週間で納品され、早速ベランダで眺めてみた。くっきり、すっきりした視野に、あぁいいもん手に入れたなぁという感慨が湧いてくるくらい素晴らしい。650gの筐体は片手で持って眺めても軽々と支えられる。これなら自然公園でバードウォッチングするのに大活躍するだろう。

d0290369_16385684.jpg

by fnobotan | 2016-05-31 16:44 | 日記 | Comments(2)

R1200RSで行った津軽の桜は最高だった

今頃になってなんであるが、4月の最終週に弘前へ桜を観に行ってきた。弘前城に咲く満開の花を観においでととあるご住職(当時は副住職)に言われ、あっという間に過ぎてしまった時間がある。それは十年来の思いがある場所なのだ。

それは、やはりバイクでいくことにしていた。しかし、前に乗っていたK1300Sでは私の手に余る感じがあって、片道700km超は荷が重いと思っていた。そして昨年に復活したRSが、埋み火のようになっていた思いに風を吹き込んだのだ。

思い切って出かけることにしたのだが、案ずるより産むが易し、である。初めてのロングツーリングは何のこともなく、弘前に到着した。どんくらい乗りやすいバイクなのか、私が比較するのは前のKと最初の1150RSなので偏りはあるが、ずっと楽、というのが実感だった。新しくなったボクサーツインは穏やかに歌を歌い続け車体の振動が少ないため、長距離でとにかく楽だった。どきどきしながら朝早く関東圏を出て、夕方には弘前で夜桜見物でカップ酒を飲む余力を残していたのだから。

d0290369_22520909.jpg
d0290369_22521896.jpg





by fnobotan | 2016-05-29 22:53 | R1200RS | Comments(0)

思い出が語りかけたのだろうか

昨日は父の命日だった。そんなことをすっかり忘れていたにもかかわらず、やけに生前の父とのことを話していたらしい。妻は毎日仏壇の水やお花の手入れをしながら、過去帳をめくっているので実子の私よりも我が家の物故者を良く覚えていて、朝食を摂りながらそう教えてくれた。

私がまだ小学生の頃のこと。すでに半世紀近い前のことで忘れられない記憶がある。

何年生だったろうか、おぼろに記憶しているのは担任がY賀先生だったはずだから、おそらく高学年だったろうか、という程度だ。そんな頃に父親とある約束をした。学期末の通信簿で成績が良かったら欲しいものを買ってやる、というものだ。どちらかと言えば倹約家(けち)な父親から意外な提案?があって気持ちは沸き立った。その頃、叔母が贈ってくれた単行本の影響で宇宙とか天体とかに興味があって、天体望遠鏡で天空を見たい、という願望があった。父親に「だったらもし約束通りの成績だったときには天体望遠鏡がほしい」、というとなぜか父は簡単に受諾した。

その頃はお勉強はしないが、楽しみと言えば月一の学研の「学習」と「科学」を読み漁ることでなんとなく知識を得ていた。自転車で飛び回って、暇があれば漫画とテレビと学習と科学の付録だった。そんな様子になんとか子供のやる気を出させてみようと、謀ったのだと今となっては理解できる。遊んでばかりいる倅が(まぁ幼少の私自身ですが)心配だったんだろうなぁ。

果たして、少し成績が上がったら適当に褒めておくつもりだった父は、子供から約束の履行を詰め寄られる事態となった。あの頃天体望遠鏡が幾らくらいしたものだったか知るよしもないが、困った顔の父親は良く覚えている。なんとかうまく言いくるめて誤魔化そうとしていたが、引き下がるつもりのない子供と家族の応援にとうとう根負けした。

週末に父と「天体望遠鏡」を買いにいくのだとうきうき出かけた。行った先は勤め先の関係で光学教材を扱う業者だった。そこの社員と父は、大人二人で小学生に向かって、天体望遠鏡はとても子供には扱えないから顕微鏡にしなさい、と言い出した。頑として譲らなかったのだが、オリンパス光学の顕微鏡を見せられついぐらっときたところを彼らは見逃さず、結局ご褒美は「顕微鏡」になった。遙か天空の無限に向けられていた関心は、大人の都合で手元の微細な世界に方向を切り替えられた。なんか納得できなかったが、それはそれで楽しめたのも事実だった。

そこからずっと後のこと、宝物の一つになっていた顕微鏡は、今度は私の倅が小学生になった頃にお下がりで受け渡されたのだった。これももう20年近い前のことだ。あれは今どうなっているのか今度機会があったときに倅に聞いてみたいものだ。父親が倅に買ってくれた顕微鏡は、孫に渡って彼の何かしらの好奇心を刺激したのは間違いないのだ。

ずっと前の記憶と思い出が錯綜して、懐かしい気持ちになった。そういえば父が亡くなって昨年早めの七回忌を済ませたのだった。偶然か、それとも何かを言付けに訪れてくれたのか、久しぶりに父親のことをあれこれ思い返しては話したのだった。

by fnobotan | 2016-05-19 16:42 | 日記 | Comments(2)

家内安全、健康を祈願して

大船を通るたびに、優しいまなざしを投げかけてくださる観音様のお姿を見ていました。
この春の快晴に誘われて、久しぶりに参拝に出かけてきました。
短いけれど急な山道を登りながら、たどり着いた境内で望む白い観音像は、青い空に浮かび上がり清々しい空気をいっそう透明に感じさせます。
日常のあれやこれやを振り返り、感謝を思う一日となりました。

d0290369_13253149.jpg

by fnobotan | 2016-05-08 13:30 | 日記 | Comments(0)

夏の雰囲気にあう飲み物と言えば・・・

諸般の事情により、暫定的に酒が呑めない。当分呑まないほうがいいということなのだ。
とはいえ、こんな気候になってきたら、ベランダに椅子を出してシュワシュワしたものをいただきたいのである。先ずは大道のノンアルコールビール(風味)を試してみたが、はっきり言って酒飲みには却って身体に良くない風味に満ち溢れている。

で、ふと思いついた。家で作る炭酸水に、ライムの果汁を加えてプランターに半ば自生しているミントの若葉を摘んできてもんで入れたらモヒート風ノンアルコール飲料になるはず。
さっそく作ってみました、レシピは適当ですけど。これが結構すっきり炭酸、軽く苦めで甘さ控えめ。
結構いける!今年の新メニューとして定番確定です。

d0290369_19575425.jpg

by fnobotan | 2016-05-04 19:58 | 日記 | Comments(2)