人気ブログランキング |

美味しさを求めて

まだ納車後二日目ではありますが、なんというバイク日和‼️という事で、妻をタンデムシートに三島へと向かいました。乗り慣れてないマシンでいきなりだったにも関わらず、至極快適なショートツーでした。
やっぱ、この感じです。大きなスーパーカブのような、どんな状況でも安心して身を預けられる懐の深さがあります。
長い付き合いになりそうな、そう思う出来事です。

d0290369_20035400.jpeg

by fnobotan | 2015-10-12 19:55 | R1200RS | Comments(0)

スリープライトコットを組んでみた

中旬に帰省する時は、慣らし運転がてらのソロツーの予定だ。まだ納車してないうちから気が早いのだが、こんな事も楽しい。
1泊なので寝袋とコットで済まそうと思っている。そこで久し振りに組んでみた。荷姿はコンパクトだが、思ったよりでかい印象だ。
d0290369_17125068.jpeg
寝心地はソフトだけど、コットワンの方がバシッと張ってていいなぁ

by fnobotan | 2015-10-06 17:05 | バイク | Comments(0)

せっかくだから旅行にいってみよう、ということで

久しぶりにパスポートを使いました。
ヒメが一緒に行きたいようで、荷物を詰め込むのを手伝ってくれて、いませんね〜。

d0290369_1057873.jpg


今回の目的地ですが、かねてから一度は見てみたいと思っていたオーロラを、名所と言われるカナダのイエローナイフへ観に行ってきました。オーロラそのものは、ぼんやりと空に漂うように出現して、一応見られたのですが、自分のカメラでは殆ど撮影できていないレベルの出現でした。とはいえ、まぁ見られたから良いかなと。代わりに飛行機から見た美しい夕焼け。

d0290369_10571514.jpg


バンクーバーにも三泊して、素敵な食事をいただいたり、湾の向かい側にあるグラウス・マウンテンへスキーを楽しもうと出かけてみました。生憎の天候だったのですが、返り間際に雲が切れて、清々しい森林とダウンタウンの様子を臨むことができ良い思い出となりました。

d0290369_10572191.jpg


街の人たちはとてもフレンドリーで、清潔な街並は安心して歩ける落ち着いたところでした。
また訪れてみたいものです。

by fnobotan | 2015-02-03 11:04 | 日記 | Comments(0)

春の羊蹄山

久しぶりに北海道へ、そして初めての小樽、余市へと。知り合いの方から歓待を受け、美しい場所へ連れて行ってもらったり、滅多にお目にかかれないような方に引き合わせていただいたりと、とても思い出深い旅行となりました。

d0290369_14235932.jpg


これはニセコスキー場の界隈にある高橋牧場で、この絶景を眺めながら美味しいランチをいただいたときの一枚です。

by fnobotan | 2014-04-17 14:24 | 日記 | Comments(2)

伊丹十三記念館へと

以前から一度訪れてみたいと思っていたところでした。日程やら状況の繰り合わせがうまいこといくので、思い立って一泊二日で松山まで小旅行に出かけてきました。

d0290369_1140247.jpg


まだ春遠いこの時期でも四国の日差しは煌めいていて、関東より一歩早く季節が巡っているように感じます。

敷地の左手には、車好きだった伊丹さんが、最後に所有していたベントレーが鎮座してお出迎えです。

d0290369_11432242.jpg


平日だったので来館者は殆どなく、ゆったりと時間を過ごすことが出来ました。一通り展示物を拝見し、カフェから眺める中庭にはシンボルツリーの桂が植わっています。その周りには、宮本信子さんが大好きなタンポポがたくさん植えてあります。あと少ししたらこの中庭は、黄緑と黄色に彩られたカンバスのようになるのでしょう。

d0290369_11461173.jpg


d0290369_11462810.jpg


明るい日差しにほっとしながら、伊丹さんが好んでいたというシャンパンのカクテルを頂きました。

d0290369_1149536.jpg


うららかな日差しを受けながら、戻り道は伊予鉄の駅までしばしの散策です。この後に安藤忠雄さんが設計した坂の上の雲ミュージアムを観てから、ホテルにチェックインの予定です。

d0290369_1154915.jpg


学生時代に来て以来の道後温泉にも是非立ち寄りたいと思っていました。スタッフの女性は地元の方で、伺ったところ道後温泉に行くなら本館ではなく兄弟湯の椿の湯がよいとの勧めです。

d0290369_1154503.jpg


d0290369_1155587.jpg


日常用いられる共同浴場です。入湯料も本館より安いですし、広く落ち着いた浴場とさらさらとして熱すぎないお湯がとても心地よいお風呂でした。

せっかくなので道後温泉本館も外観だけ観てきました。聞くところでは、老朽化の対応をとるために全面的な改装が計画されているそうです。とは言え、シンボル的な建築物であり、現在の建材をできるだけ用いて、これまで同様の外観にしていくらしいです。

d0290369_12062699.jpg
夜の部は、これもまた伊丹十三記念館のスタッフの方のお勧めで、道後椿倶楽部へと。地酒と美味しいお刺身で(いつものように)やや過ごしてしまいました。ちょっと隠れ家的な雰囲気のある素敵なところでした。こうして振り返ると、一泊二日とは言えなかなか楽しい一人旅になりました。

by fnobotan | 2014-01-17 12:03 | 日記 | Comments(2)

めずらしい場所へ

西伊豆に出かけてきました。
天候に恵まれ、温泉を堪能した帰り道の途中に、岬の突端に池がある、大瀬崎という所へ立ち寄ってきました。

d0290369_911330.jpg


海に囲まれた小さな岬の先に、丸い淡水の池があって、鯉が沢山泳いでいるのです。その場所は、びゃくしん樹林によって守られているような不思議な場所でした。その中でもとりわけ樹齢の古い一本が突端にあってご神木として祭られていました。

d0290369_943447.jpg


まるで大地から沸き上がるエネルギーが樹木の形になって、空に向かって伸び上がっているようです。

by fnobotan | 2013-09-23 09:04 | 日記 | Comments(0)

記憶をたどって桜島へ

5年ぶりに桜島へ行ってきました。

記憶の中にある、懐かしい風景は全く変わっていませんでした。

ゆっくりと温泉につかって、これまでの時間を思い返すことができました。

d0290369_7285924.jpg

by fnobotan | 2013-03-22 23:33 | 日記 | Comments(2)